真心とは

人を労わったり気遣ったりすることは、口で言うよりも実際にはずっと難しいものです。
気遣いとはその相手の気持ちを汲み取ったうえでするものです。
小さな親切大きなお世話とはよく言ったものですが、相手の気持ちも分からずに自己満足のお節介をしたところで迷惑にしかなりません。

気遣いと一言に言ってみても、その内容は様々です。
ただのお節介になるものもあれば、大変な感謝を受けるものもあります。
どれもこれもおそらくは親切をする側の善意から成り立っていますが、相手の受け取り方によってその様相は変わるのです。

それでは真に心のこもった気遣いの仕方とはどんなものでしょうか。
お節介と取らせることもなく、お礼のお返しをエンドレスですることにもならないやり方です。
それは相手にそうと分からせない程度に、さり気ない言動によってするものなのではないでしょうか。
それが思いやりから成り立つものだと相手が気づいた時にも、報酬もお返しもそういった儀礼的なやり取りは発生しません。
もしも何かが返ってくるとすれば、それは思いやりに対するありがとうという、ごく自然な気持ちだけでしょう。

友人に対しても、両親をはじめとする家族に対しても、気遣いの気持ちは欠かせません。
恋人や人生のパートナーについても同様です。
気になる異性がいるのであれば、何かがあった時に力になりたいと思うのは自然な感情です。

最近恋人からの労りを感じた記憶はあるでしょうか。
疲れている夫や妻に対し、優しい言葉をかけたでしょうか。
関係が近くなればなるほど相手に対するちょっとした気遣いはできなくなっていくものです。
しかし思いやる気持ちをいつまでも忘れないカップルであれば、末永く二人で傍にいることができるのでしょう。
出会いアプリのような、名前くらいしか知らない相手に対しても、礼儀と思いやりの気持ちはいつでも忘れてはいけません。

現実の出会いに繋がる出会いもあるでしょう。
自分が気づいていないだけで、相手はメールの中に気遣いの言葉を込めて送ってくれている場合もあるかもしれません。
アプリの中でも人間関係は成立します。
お互いの気遣いを見つけたとき、その出会いが現実に実を結ぶかもしれません。