重い女性とそうでない女性

大好きな彼とはできる限りの長い時間を過ごしたいと思うのが、多くの女性達の心の中です。
そう思っている女性のうち、会いたいと思う時には必ず彼とコンタクトを取ろうとする女性がいます。
彼としては少々手に余るところはあっても、甘えようとしてくる女性を可愛いと思うでしょう。

しかしそういった女性達の言動を見聞きしている他の女性にとっては、それを反面教師として自分は同じ行動をとらないようにしようと心掛けるきっかけともなります。
彼の迷惑にならないようにと、相手の都合を第一に考えて接しようとするでしょう。
それでは常に気遣いを心掛ける女性には、どういった行動がみられるのでしょうか。

彼にとって重い女にならないように気を付けている女性は意外と多いものです。
仕事中に電話をかけることは決して考えないでしょう。
メッセージを送るにしても、必要最低限の連絡手段としてしか利用しないかもしれません。
彼が忙しそうにしている時なら、自分に構う時間を取らせないようにある程度の距離を保つようにもなるでしょう。

しかし実際にそういった行動をとられている彼の立場に立ってみると、それらの気遣いはありがたいのと同時に、少し寂しく感じてしまうかもしれません。
疲れているからこそ彼女の声が聞きたいこともあります。
多少のわがままさえ言ってもらえない関係が続くと、自分は頼りにされていないのだろうかと存在意義に不安を抱きます。
ですから、彼のことを思いやるのも大切ですが、思いやるあまりその感情を蔑にしてしまっては意味がありません。

気遣いのためとはいえ距離は取りすぎず、甘えたい時には甘えてあげるのも彼女の務めというものです。
まだ付き合う関係になる前の男女でも同じことです。
出会いアプリで知り合った間柄でさえ、距離感を間違えると進展はできません。

出会いアプリであれば、その失敗例は顕著に挙がるでしょう。
重い女と認識されないために距離を取りすぎると、友達という関係にさえならずに外で会う展開は絶望的となってしまいます。
気遣いもやり方次第で良くも悪くもなるものです。
相手の感情をよく考えた上で、冷静に判断できるようになりましょう。